オンライン予約

MENU

モバイルサイト

ドクターズファイル

患者の気持ち

いびきの運動療法とは

いびきの運動療法は大きく分けると2つに分けられます。一つは体重を減量させるエクササイズであり、もう一つは空気の通り道である気道の空間を拡げるための口腔咽頭のエクササイズです。

口腔咽頭エクササイズとは

0000 呼吸の通り道(気道)が狭く無呼吸となる閉塞性睡眠時無呼吸症は、睡眠中の呼吸停止や低換気によって日中の眠気、集中力の低下や疲労などの症状を起こします。狭くなっている部分を一定の空気圧で拡げる持続陽圧呼吸療法(CPAP)は、睡眠時無呼吸症候群に対して最も有効な治療であることは世界で既に証明されています。特に無呼吸低呼吸指数(AHI)が30以上の重度症例には効果が高いことも報告されています。しかし、AHIが30未満の人には必ずしもCPAPが第一選択となるわけではなく、マウスピース治療や外科治療の適応となることもあります。外科治療やマウスピース治療は、痛みをともなうばかりでなく時間や費用もかかることから、もっと容易に無呼吸の改善ができる治療法として口腔咽頭エクササイズは発展してきました。1980年にオーストラリアのシドニー大学でCPAP療法が開発されました。その同じオーストラリア大陸の先住民アボリジニの楽器ディジュリドゥ奏者にいびきや睡眠時無呼吸症状の軽減することを、スイスのチューリッヒ大学病院の先生が気付き、2005年に報告したことから世界で注目されるようになりました。この報告では、ディジュリドゥの練習を1日25分、週に6日行い4ヶ月後にAHIの低下を認め、上気道の筋肉をきたえたことがその効果を示したものと考えています。

口腔咽頭エクササイズの効果とは

1995年頃より、動物または人を対象とした研究ではオトガイ舌筋に電気刺激を行い、筋肉を収縮させ、舌を前方に移動させることにより呼吸抵抗が下がり、呼吸が楽になる報告がされてきました。その後、電気刺激を繰り返すことによりいびきや睡眠時無呼吸の症状が軽減した報告がいくつかでています。しかし、特殊な器具用いた電気刺激は一般的に普及しませんでした。そこに先に示したディジュリドゥ演奏の報告があり、改めて口腔咽頭エクササイズに脚光が浴びるようになりました。その後、口腔咽頭エクササイズの報告はいくつかされ、睡眠時無呼吸やいびき症状の改善が認められたとされています。2010年サンパウロの大学研究チームが今まで報告された研究の客観性を調べ、口腔咽頭エクササイズの有効性を検討しました。その結果、睡眠時無呼吸を減少させる明らかな客観性は認められませんでしたが、いびき症状の改善は認められました。つまり、口腔咽頭エクササイズは「いびき」を改善させる方法として有効であることが証明されたことになります。また口腔咽頭エクササイズは、「いびき」の予防としても有効な方法とも考えられています。

口腔咽頭エクササイズの原理とは

0000いびきは睡眠中に、鼻やのどの狭い部分に空気がぶつかり振動することによっておこる異常な呼吸音です。口を開けた時に空気の通り道を拡げる筋肉は、舌骨に付いている舌骨筋群、舌の動きに関係する舌筋(茎突舌筋、舌骨舌筋、オトガイ舌筋)、口蓋垂(のどちんこ)周囲の軟口蓋を持ち上げる筋(口蓋帆挙筋、口蓋帆張筋、口蓋垂筋)が関与しています。特に、睡眠中に鼻呼吸ができていれば舌筋が、口呼吸になっているようならば舌筋と軟口蓋の筋が空気の通り道に関与しています。そのために、口腔咽頭エクササイズもこれらの筋肉を鍛えることを目的としています。

口腔咽頭エクササイズの実際

ここで当院で行っている簡単な口腔咽頭エクササイズの方法を紹介します。毎食後の歯磨き後に行うことで習慣化できます。1から7を順番に行います。

  1. 舌のブラッシング
    1. 舌をできるだけ前に出して先端と辺縁を軽い力でブラッシングします
    2. 前後に5回ブラッシング(1、2、3、4、5とゆっくり数える)
  2. 舌のスライド運動
    1. 軽く口をあける
    2. 舌の先端を上前歯の裏側につけ、舌前半分を上顎に強く押し当てる。
    3. 舌を上に押しあてながら後ろにスライドさせる(1、2、3とゆっくり数えながらスライド、この時に舌を巻かない)
    4. 可能な限り後ろに持ってきて力を抜く
    5. 3回繰り返す
  3. 舌のプレス運動
    1. 軽く口をあける
    2. 舌の先端を上前歯の裏側につけ、舌前半分を上顎に強く押し当てる。
    3. 1、2、3とゆっくり数えながらそのままを持続する
    4. 力を抜く
    5. 3回繰り返す
    6. 舌全体を口の底に押し付ける
    7. 1、2、3とゆっくり数えながらそのままを持続する
    8. 力を抜く
    9. 3回繰り返す
  4. 舌のストレッチ運動
    1. オトガイに届くように舌を強く下にだして、1、2、3とゆっくり数え力を抜く
    2. 鼻に届くように舌を強く上にだして、1、2、3とゆっくり数え力を抜く
    3. 3回繰り返す
  5. ブローイング
    1. 鼻から大きく空気を吸い込む
    2. くちびるを結びながら吸い込んだ息を口から出すようにする
    3. くちびるの隙間から息が漏れ出す感じで1、2、3とゆっくり数えながら息を出す
    4. 5回繰り返す
  6. 発声練習
    1. 鏡の前でくちびるを意識しながら「あ、え、い、お、う」を各1‐2秒持続させながら発声する
    2. 5回繰り返す
  7. スマイル
    1. 鏡の前でくちびるを意識しながらとびきりの笑顔を作る
    2. 笑顔のままで1、2、3とゆっくり数え力を抜く
    3. 3回繰り返す

口腔咽頭エクササイズでいびきが改善しない場合とは

いびきは様々な原因から生じています。多くの人は、いびきの原因は1つではありません。エクササイズをしていてもいびきの改善が認められない場合は、鼻やのどが何らかの原因で狭くなっている可能性があります。耳鼻咽喉科医に診察してもらうことを勧めます。

当院の治療

当院では、痛み出血が少ないレーザーによるいびき治療を保険診療で行っており、口蓋垂とその周辺の軟口蓋を切除し糸で縫い上げることで上気道を広くし、いびきや睡眠中の呼吸状態を改善します。BMIが30以上の肥満があり睡眠時無呼吸を伴っている場合は、まず体重の減量とCPAP治療やマウスピース装用を勧めます。体位性睡眠時無呼吸の場合はマウスピースを用いた治療を勧めます。CPAPやマウスピースの装用が困難であった方やいびきや睡眠時無呼吸の治療について診察を受けたい方は当院へ気軽にご相談ください。

オンライン予約

医院概要

東京ロンフェルメ耳鼻いんこう科

所在地
〒160-0022
東京都新宿区新宿4丁目-4-1 サテライト新宿ビル2F
高島屋デパート明治通り口正面
電話
03-3354-1941
最寄駅
新宿駅新南口より徒歩2分
新宿三丁目駅E7番・E8番出口より徒歩1分
診療時間
  日・祝
10:00~13:00 - -
14:00~18:00 -

休診日:火・金(午前)
※受付終了時間は17:00となります。
※予約制:お電話か予約フォームよりご予約ください。