オンライン予約

MENU

モバイルサイト

ドクターズファイル

患者の気持ち

睡眠時無呼吸症候群とは

0000

睡眠時無呼吸症は、文字通り睡眠中に無呼吸となる症状をいいます。その原因は様々ですが、検査で睡眠中に10秒以上の呼吸が停止し、それが1時間あたり5回以上繰り返される、または一晩の睡眠中(7時間)に30回以上認められると睡眠時無呼吸症候群と診断されます。無呼吸は空気の通り道が狭くて換気がしにくい閉塞タイプと呼吸を監視する脳のコントロールが不良となる中枢タイプに分けられます。閉塞タイプと中枢タイプが合わさった混合タイプもありますが、このタイプは閉塞タイプに分類されていることが多く、そのために成人の睡眠時無呼吸症候群の90%が閉塞タイプと診断されています。

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中の呼吸停止や低換気によって日中の眠気、集中力の低下や疲労などの症状を起こします。運転中に居眠りをして大きな事故を起こすことが社会的問題にもなっており、最近よく報道されています。さらに、睡眠時無呼吸症候群が高血圧や糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞など循環器疾患、メタボリックシンドロームを引き起こす原因とも考えられており、決して放置して良いものではありません。

頻度、性別、年齢

厚生労働省によると、日本では成人の約15%が日中の眠気を自覚していると報告しています。その中には、睡眠時無呼吸症候群の他に不眠症などの睡眠障害が含まれます。海外の報告では閉塞性睡眠時無呼吸症候群となっている人の割合は2%~28%としています。肥満の割合の多い米国が最も多い頻度を報告しています。香港は2.1%、インドは3.6%、韓国は15%とアジア諸国でもばらつきがあります。日本の報告でも、診断方法や対象者の違いにより閉塞性睡眠時無呼吸症の有病率は2%~22%と報告によってさまざまです。有病率を2%としても、閉塞性睡眠時無呼吸症候群は最低200万人以上の患者さんが日本にいることになります。しかし、その80%以上の人が診断されていないと推定されています。2013年のウイスコンシン大学(米国)からの報告では、30~49歳の男性の10%、女性の3%、50~70歳の男性の17%、女性の9%に睡眠時無呼吸症を認めるとしています。このように睡眠時無呼吸症候群は年齢によって増加し、男性に多いことがわかります。

睡眠時無呼吸症候群の原因

0000中枢性睡眠時無呼吸の多くは、成人では心不全や脳卒中に伴って認められます。睡眠時無呼吸症候群の多くを占める閉塞タイプは基本的に呼吸の通り道(気道)が狭くなって生じます。特に首から上の気道(上気道)の狭窄や閉塞で生じます。上気道狭窄や閉塞の原因はいろいろです。アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎、鼻中隔弯曲症は鼻閉の原因となり、扁桃肥大、口蓋垂肥大、軟口蓋低位は咽頭狭窄の原因となります。下顎が小さいと口の中で舌がはみ出してしまうために咽頭狭窄を引き起こします。肥満は首回りに脂肪がつき舌が後方に押し出され、のどの裏側にも脂肪がつくことで後壁が前方に押し出され、呼吸の通り道が前後から圧迫され狭くなります。肥満の人の約40%に閉塞性睡眠時無呼吸症を認めるとされています。先に示しましたが加齢により睡眠時無呼吸症を患う人が増えてきますが、これは長年にわたるいびきが口蓋垂肥大を助長させたり、のどを拡げる筋肉の緊張が落ちたり、脳梗塞の罹患率が増えることなどが原因と考えられています。

いびきと睡眠時無呼吸症候群の関係

睡眠時無呼吸症候群の患者さんはいびき症状を90~98%持っていて、逆に慢性いびき症の約30%に睡眠時無呼吸症を持つと報告されています。このようにいびきと睡眠時無呼吸症候群は強く関係しています。睡眠時無呼吸症候群の典型的な症状として、日中の眠気、夜間頻尿、朝の頭痛、集中力低下、夜中に目が覚める、不眠などがあります。女性の場合は、不眠症やイライラ感、うつや不安症状などを示すこともあり「うつ」、「不安神経症」、「更年期障害」などと診断され間違った治療を受けることがあるので注意が必要です。

睡眠時無呼吸症候群の診断

睡眠時無呼吸症候群を正しく診断するためにはポリソムノグラフィー検査が必要です。これは、脳波、眼球運動、筋電図、呼吸運動、いびき音、心電図、酸素飽和度などを夜間に記録して、眠りの深さや睡眠障害の有無、睡眠中の体位などを測定します。この検査は病院にひと晩入院しなくてはならず、また普段と環境が違うために患者さんが熟睡できない時もあるのが欠点です。呼吸運動、いびき音、酸素飽和度を計測できる小型の装置を自宅に持ち帰り計測するアプノモニターは、普段寝ている環境で行う長所があります。しかし、自ら装着するためにうまく測定ができていないこともあり一長一短です。これらの検査で無呼吸の回数や無呼吸低呼吸指数(AHI)を測定します。AHIによって睡眠時無呼吸症候群の重症度が分類されています。

軽度:5~14回/時間 中等度:15~29回/時間 重度:30回以上/時間 AHIが5以上で睡眠時無呼吸症候群と診断されます。20以上で積極的な介入が必要とされています。

睡眠時無呼吸症候群の簡易診断

装置を用いた検査はコストがかかり、手間がかかるのでスクリーニングとしては不向きです。睡眠時無呼吸症候群の患者さんの約85%が感じる日中の眠気に焦点を置いてアンケート方式で調べる方法が1991年にオーストラリアから発表されました。エプワース眠気尺度(Epworth sleepiness Scale:ESS)です。現在最も一般的に行われている日中の眠気の自己評価指標です。もし、以下の状況になったとしたら、どのくらいうとうとする(数秒~数分眠ってしまう)と思いますか?最近の日常生活を思いうかべてお答えください。

総得点が11点以上の場合は睡眠時無呼吸症候群の可能性があるので、専門の医師に一度ご相談されることをお勧めします。当院では睡眠時無呼吸症に対しての健康診断も行っています。ご相談ください。

オンライン予約

医院概要

東京ロンフェルメ耳鼻いんこう科

所在地
〒160-0022
東京都新宿区新宿4丁目-4-1 サテライト新宿ビル2F
高島屋デパート明治通り口正面
電話
03-3354-1941
最寄駅
新宿駅新南口より徒歩2分
新宿三丁目駅E7番・E8番出口より徒歩1分
診療時間
  日・祝
10:00~13:00 - -
14:00~18:00 -

休診日:火・金(午前)
※受付終了時間は17:00となります。
※予約制:お電話か予約フォームよりご予約ください。