オンライン予約

MENU

モバイルサイト

ドクターズファイル

患者の気持ち

いびきの薬物療法とは

いびきの薬物療法とは

いびきは睡眠中に、鼻やのどの狭い部分に空気がぶつかり、組織が振動しておこる異常な呼吸音(特に息を吸うとき)のことです。鼻やのどが狭くなる病気、例えば肥満、鼻炎、扁桃炎、甲状腺疾患、顔面奇形などでいびきがおきている場合は、それに対する治療がいびき治療の基本方針です。いびき治療というと、手術やマウスピース、睡眠時無呼吸をともなっている場合は持続陽圧呼吸療法(CPAP)などがすぐに頭に浮かぶと思います。高度な無呼吸がある場合はCPAPが第一選択ですが、無呼吸がない場合にはこれら治療は侵襲的で不快をともなうため、治療を受けることに躊躇しがちです。しかし、手術以外にも肥満を解消したり枕を変えたりすることによっていびきを改善することができます。タバコや酒の量を少なくすることでいびきを減らすこともできます。また、いびきを予防する運動療法も報告されています。では、いびきに効く薬はあるのでしょうか?そんな薬があったら、気軽に医者にかかることもできると思います。甲状腺の疾患や扁桃炎、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎の場合は、それぞれの治療薬は存在します。今回は、これら病気を持たないで「いびき」がある場合に薬の効果があるのか示します。

鼻やのどへのオイルスプレー

最近はインターネットでもいびき防止用のスプレーが販売されています。効能としては、その成分によって鼻閉を改善したり、のどの炎症を抑えたり、オイルによって軟口蓋や舌の動きを潤滑にしていびきを減少させるものと考えられています。世界中にいろいろな製品があり、医学的な検討も報告されています。2004年英国のランダム二重盲検査では、14日間オイルタイプのものを使用した群と比較して、使用していない群よりも明らかにいびきの軽減を認めたことを報告しています。同年アメリカでの検討では、男性に効果を認めるも女性には効果がなかったと報告しています。2001年スウェーデンのランダム二重盲試験ではいびきへの効果が認められていません。このように、その効果は報告によって様々であり、その研究方法や評価方法も様々です。オイルスプレー療法がいびき治療に効果があるのかは更なる検討が必要と考えられています。

鼻閉改善スプレー

いびき症状を持つ人の75%に鼻閉があると報告されています。また横になると鼻粘膜がうっ血し10~25%ほど鼻腔が狭くなることも報告されています。このように鼻閉はいびきを起こす要因の1つです。その鼻閉を改善させるものとして、内服薬や点鼻薬があります。内服薬よりも点鼻薬の方が、鼻閉を手っ取り早く改善させます。特に血管収縮薬は強力に鼻閉を改善させます。市販の点鼻薬にもその成分が含まれています。2006年チリからの報告で点鼻薬を使用している群の方が、使用していない群に比べていびきが改善したことを報告しています。しかし、血管収縮薬は効能時間が数時間であること、また副作用として血管収縮薬は耐性を生むために、毎日使用していると効果が少なくなり長期投与による薬剤性鼻炎となる危険性があります。

ステロイド点鼻薬

ステロイド点鼻薬

アレルギー性鼻炎の治療薬としてステロイドが配合されている点鼻薬があります。炎症を抑えるステロイドが鼻粘膜の炎症を改善させアレルギー性鼻炎を改善させます。鼻粘膜の浮腫を改善させるために鼻閉を改善させるばかりでなく、扁桃腺の炎症やのどの粘膜の炎症も改善させることから上気道(鼻やのどの空間)を拡げ、いびき治療に注目されています。2015年ギリシャのランダム試験ではいびきの改善を認めています。しかし、ステロイド点鼻薬も長期に使用すると副作用があり、また使用を中止しても持続的にいびき症状が改善するのか更なる検討が必要です。

セロトニン作動性薬

睡眠中に上気道が狭くなるのは誰にでもおきます。これは上気道の空間を保つ筋肉の緊張が低下するためです。この筋肉の緊張を指令しているのが脳であり、睡眠により脳の活動が低下するために筋緊張が低下し、上気道が狭くなります。この一連の指令系統にセロトニンという物質が関与しています。このセロトニン作動能力を高めるセロトニン作動性薬をいびき治療として検討した研究が1993年カナダから報告されました。一定の効果を認めていますが、セロトニン作動性薬は、うつ病の治療薬の1種類であり、副作用も強くその後あまり注目されていません。

いびきにおける薬物療法の現状

今まで述べてきた通り、疾患をともなっていない「いびき」に対して、決定的に効果のある薬は現在ありません。しかし、甲状腺疾患、扁桃腺肥大、鼻炎などで生じているいびきは薬物療法でも改善する可能性があります。最近では逆流性食道炎でもいびき症状を生じることがわかってきており、胃酸逆流をおさえる薬でもいびきが改善することが報告されています。このように、いびきは様々な原因から生じています。自分のいびきがなぜ起こっているのかを専門的に診断してもらうことが、とても大切なことです。

当院の治療

当院では、なぜいびきが生じているのかを診断し適応のある患者さんに対しては、痛み出血が少ないレーザーによるいびき治療を保険診療で行っています。口蓋垂とその周辺の軟口蓋を切除し糸で縫い上げることで上気道を広くし、いびきや睡眠中の呼吸状態を改善します。BMIが30以上の肥満があり睡眠時無呼吸をともなっている場合は、まず体重の減量とCPAP治療やマウスピース装用を勧めます。いびきについて悩んでおり、治療について診察を受けたい方は当院へ気軽にご相談ください。

オンライン予約

医院概要

東京ロンフェルメ耳鼻いんこう科

所在地
〒160-0022
東京都新宿区新宿4丁目-4-1 サテライト新宿ビル2F
高島屋デパート明治通り口正面
電話
03-3354-1941
最寄駅
新宿駅新南口より徒歩2分
新宿三丁目駅E7番・E8番出口より徒歩1分
診療時間
  日・祝
10:00~13:00 - -
14:00~18:00 -

休診日:火・金(午前)
※受付終了時間は17:00となります。
※予約制:お電話か予約フォームよりご予約ください。